講演.com相談先電話0120-504-395
考え方/生き方 子育て/教育 政治/経済 健康/生活 環境/科学 ビジネス スポーツ 芸能/作家 研修 資格別 やる気アップ 教養
講演.com トップ » 講演.com カタログ » 政治/経済 » 中央行政 講演.comアカウント(登録住所等)  |  選んだ講演者一覧を見る  |  ご相談ご依頼に進む   
講演分野から選ぶ↓
やる気アップ-> 1088人
教養-> 414人
考え方/生き方-> 1133人
子育て/教育-> 721人
健康/生活-> 723人
政治/経済-> 678人
  その他政治・経済等 58人
  金融 116人
  国際経済 41人
  国際情勢 11人
  国際政治 37人
  資産形成 45人
  創業支援 127人
  地域振興 112人
  地方自治・地域政治 39人
  中央行政 11人
  日本経済 52人
  日本政治 29人
環境/科学-> 166人
スポーツ-> 72人
ビジネス-> 2503人
芸能/作家-> 269人
資格別-> 386人
研修-> 2127人
お薦め講演者 全講演者表示
高柳 和江
高柳 和江
インフォメーション
ご相談から講演の流れ
講演者登録はこちら
会社概要
よくある質問
法律等に準拠した表記
プライバシーポリシー
講演.comご利用規約
お問い合わせ
都道府県から選ぶ↓

中央行政/講演者一覧

絞込み:
 1 - 10 番目を表示   ページ:  1  2  [次ページ >>]  
| 人物名  講演者を並び替える 昇順 ∼  人物名 講演者を並び替える 降順 ∼  人物名   | 地域  講演者を並び替える 昇順 ∼  地域 講演者を並び替える 降順 ∼  地域   | 料金  講演者を並び替える 昇順 ∼  料金 講演者を並び替える 降順 ∼  料金   | 相談や申込の多い順  講演者を並び替える 昇順 ∼  相談や申込の多い順 講演者を並び替える 降順 ∼  相談や申込の多い順   |
 屋山 太郎  屋山 太郎
日曜放談から始まり、サンデープロジェクト、報道2001、最近は、たけしのTYタックルなど出演多数。官僚亡国論、私の喧嘩作法、自民党橋本派の大罪、なぜ中・韓になめられるのかなど多数の著作。 <お名前>屋山 太郎 <フリガナ>ややま たろう <生年>1932年 <講演料金(90分あたりの目安)>要相談 <肩書き>政治評論家 <専門分野・資格名称等>政治 行政改革 <主な経歴>通信社記者 政治部外国特派員 政府行政改革委員 <主な講演テーマ1>政局展望 <主な講演テーマ2>教育問題 <主な講演テーマ3>行革問題 <受けられる講演形式>単独講演 パネリスト 講習会 研修会 <講演実績>20年以上講演している。 <年間講演回数>約40 回 <メディア出演等>日曜放談から始まり、サンデープロジェクト、報道2001、最近は、たけしのTYタックル <著作物・論文等>官僚亡国論、私の喧嘩作法、自民党橋本派の大罪、なぜ中・韓になめられるのかなど多数。 <受賞歴・記録・出場歴等>フジ・サンケイグループ代17回正論大賞受賞 <kouen.com登録分野>日本政治 中央行政...
 14-神奈川県講師  要相談
 花見 忠  花見 忠
今の日本では、人々の関心がもっぱら贅沢で便利な生活、面白おかしくて快適な生活へ向かっている。少子化問題、ニート・フリーター問題、政治家や、企業、官庁の腐敗問題、すべてが快適で楽しい生活の不協和音とこれをエンジョイするための阻害要因として論じられている。格差問題も然りである。だが、人間として本当に大事なのは、安楽で快適な生活ではなく、各自がそれぞれの身の丈にあった、個性を生かした自己実現ができるかどうかである。  企業・官庁の腐敗はなぜ後を絶たないのか? サービス残業・過労死はなぜあとをたたないのか? グローバル化の中での労働と教育のあり方をどう考えるか? 労働組合はどうして相手にされなくなったのか? 労働ビッグバンを含めた労働政策をどう見直すか? 未だにパート・派遣を見下し、正社員化で問題が解決するという錯覚を捨てて、本当に自己実現が可能な仕事のあり方を実現するにはどうしたらいいのか? 同じ人間である男と女を仇同士とみるような男女共同参画に代わって、女と男の関係を温かい目で考え直すには? などなどを考えながら、若者は結婚せず、子供を生まなくなる一方で、高齢者はただただ生きながらえて先行...
 13-東京都の講師  要相談
 久繁 哲之介  久繁 哲之介
拙著『地域再生の罠』『日本版スローシティ』の主要テーマである「まちづくり、地方自治、地域振興、商店街活性化」を、各地域の個別事情を勘案して問題分析から提言まで具体的に解りやすくお話します。それでも皆様の悩みは尽きないでしょう。そこで講演後に懇親会を企画して頂ければ、可能な限り対応しますので、更に深い双方向の情報交換をしましょう!<お名前>久繁 哲之介<フリガナ>ヒサシゲ テツノスケ<講演料金>要相談<肩書き>地域再生プランナー<主な経歴>早稲田大学卒。日本IBMを経て現在は、民間都市機構 都市研究センター。<主な講演テーマ1>まちづくり。「市民が主役で、市民が豊かになる“まちづくり”」<主な講演テーマ2>地域振興。「地方小都市が賑わう“日本版スローシティ”」<主な講演テーマ3>商店街活性化。「物を売るだけの場から、市民が交流できる場に位置づけを変えて、郊外SCやネットと差別化を図ろう!」<主な講演テーマ4>地方自治。「少ない予算で、大きな成果を! 一つの施策で、複数の効果を!」<単独講演以外に受けられる形式>パネリスト、研修会など。<講演実績>主催者は主に、各地の商工会議所や経済同友会?..
 13-東京都の講師  要相談
 五十嵐 文彦  五十嵐 文彦
政治記者15年、国会議員3期(与野党双方を経験)の経歴を活かしたディープな政治・経済の解説、守備範囲の広さと多角的視野が特徴。<名前> 五十嵐文彦<フリガナ> イガラシ フミヒコ<講演料金> 15万円<肩書き> 武蔵野学院大学客員教授・前衆議院議員<専門分野> 税財政・金融・行革・政治解説・ギリシャ哲学<経歴> 時事通信社記者(首相官邸・外務省・第二臨調・厚生省・農水省・自治省・自民党福田派・安倍派など担当) 衆議院議員(日本新党税制委員長、新党さきがけ政調会長代理、自社さ与党税調座長、民主党次の内閣経済財政・金融担当大臣、同総務大臣)<講演テーマ1> 官僚天国は変えられるのか<講演テーマ2> 日本破産は迫っている<講演テーマ3> 政治とマスコミのゆがんだ関係<講演テーマ4> 政界に人材はいるか<講演形式> 独演でもパネルでも可<講演実績> 過去2年間で党派遣18回、個人20数回<年間講演回数> 現在は何回でも可能<メディア出演> 過去は多数。NHK日曜討論3回。NEWS23、サンデーモーニング、朝まで生テレビ等々複数回出演。昨年は朝日衛星TVに3回出演。<著作物> 「財務省支配の復活」「?..
 11-埼玉県の講師  150,000円
 小林 興起  小林 興起
1944年1月1日生まれ。東京都出身。衆議院議員。 現在、捲土重来を期して活動中。 小泉内閣が進める市場原理主義一辺倒の郵政民営化法案反対の急先鋒として知られ、05年衆議院本会議で同法案に反対票を投じた後、同年9月の衆議院総選挙では自民党から刺客を送り込まれ落選。 メディアに報道されない真相を鋭い切り口で語るのは永田町の裏表を見てきたからこそ。 2009年8月衆議院総選挙で5期目の当選を果たす。<お名前> 小林興起<フリガナ> コバヤシ コウキ<講演料金>  30万円(90分あたりの目安)<肩書き> 衆議院議員 衆議院議員元財務副大臣<専門分野・資格名称等> 政治・憲法・安全保障・外交・教育<主な経歴> 1966年東京大学法学部卒業 1966年通商産業省入省 1973年ペンシルバニア大学院修士終了(MBA取得) 1980年聖心女子大学講師就任 1982年通商産業省退官 1990年第39回衆議院議員選挙初当選 1996年労働政務次官就任 2001年予算委員会理事就任 2002年財務副大臣就任 2003年衆議院議院運営委員会理事就任 2004年衆議院安全保障委員会委員長就任 2005年 郵政民営化法案に反対を貫いた結果、自民党を追放され更に刺客を送られ?..
 13-東京都の講師  300,000円
 上野 賢一郎  上野 賢一郎
前衆議院議員、元官僚(自治省)、前大正大学特命教授。30代で官僚の世界を飛び出し政治にチャレンジする。改革派の若手政治家として、現代の政治が抱える問題点に鋭く切り込む。衆議院議員時代は、1回生議員として初の自民党税制調査会役員に抜擢されるなど、税制・経済の知識には定評がある。地方自治・道州制も専門。現役官僚時代は小泉内閣で構造改革特区制度を立案。岩手県庁等の地方公共団体で行政改革をリード。立命館大学等での授業経験も豊富。1965年生まれ。<お名前> 上野 賢一郎<フリガナ> ウエノ ケンイチロウ<講演料金> 98000 円(90分〜120分程度での目安)<肩書き> 前衆議院議員<専門分野・資格名称等> 国内外の政治、地方自治、日本の行政、税制改革、道州制、教育改革<主な経歴> 1990 京都大学法学部卒 1990 自治省入省 この間、自治省の他、佐賀県庁、岩手県庁、通産省、内閣官房等で勤務。 ロンドン政治経済学院客員研究員。 2005 立命館大学非常勤講師、龍谷大学非常勤講師 2005 衆議院議員  自民党税制調査会幹事、道州制推進委員会幹事、衆議院環境委員、厚生労働委員ほか 2010 大正大学特命教授<主な講演テーマ...
 25-滋賀県の講師  98,000円
 大和田 崇  大和田 崇
ITと経営を結びつける領域を専門としています。 ・情報システムのコストをいかに予測するのか? ・官公庁におけるIT調達改革 ・情報システムの投資対効果の検証 などのテーマについて、分かりやすく解説します。<お名前> 大和田 崇<フリガナ> オオワダ タカシ<講演料金> 200,000円(90分〜120分程度での目安)<肩書き> 国際大学グローバルコミュニケーションセンター客員研究員 株式会社ストック・リサーチ代表取締役社長<専門分野・資格名称等> 情報システムのコスト評価 地方自治体、中央官庁のIT調達改革 情報システムの投資対効果算定<主な経歴> 1969年 宮城県仙台市生まれ 1993年 東北大学工学部原子核工学科卒業 1993年 日経BP社に記者として入社、ITの分野を中心に取材・記事の執筆を行う 1997年 野村證券グループのベンチャーキャピタルに入社。投資調査部にて内外のIT動向を調査・分析 2000年 株式会社ストック・リサーチ設立代表取締役に就任  官公庁、金融機関、事業会社に対するコンサルティング業務に従事 2005年 国際大学グローバルコミュニケーションセンター客員研究員兼務  官公庁のIT調達の改革について各種提言...
 13-東京都の講師  200,000円
 池田 健三郎  池田 健三郎
経済や政策、構造改革などに関する講演を多数手がける。テレビの情報番組ではコメンテーターとしての分かりやすい解説が好評。とくに金融・経済問題や政策プランニングを専門とし、政策の総合カタログであるマニフェストを中心とした「政策職人」としてもその名を知られる。日銀時代の経験を踏まえた、独自の視点からの問題への切り込みには定評がある。<お名前> 池田健三郎<フリガナ> イケダケンザブロウ<講演料金> 要相談<肩書き> 経済評論家・政策プランナー<専門分野・資格名称等> 金融、経済、マネー、政治、政策、地方自治、国際関係、経営戦略等<主な経歴> 1992年日本銀行入行。調査統計局を振り出しに国際局、金融市場局など一貫して金融経済の第一線で活躍。この間、95年10月のG7では日本政府代表団随員をつとめたほか、BIS規制の適用見直しなど日本の銀行監督の適正化や、民間銀行経営の自律性確立のために力を注いだ。 1999年6月 人事局付を最後に日銀を円満退職し、個人事務所(シンクタンク)を設立。以降は、「政策職人」として活躍。2000年10月から01年末まで民間シンクタンクの主任研究員として研究部門を統括したほか、わが国初の政策?..
 14-神奈川県講師  要相談
 中野 邦観  中野 邦観
読売憲法改正試案をまとめた経験から、憲法論議のポイントをどう考えればいいのか、憲法論議の現在と将来、日本政治と憲法、憲法とマッカーサー、憲法論議の中でのマスメディアの役割など。いずれも原点は読売憲法改正試案にあります。 この試案が各界に与えた影響は大きく、その後発表されたほとんどの憲法改正試案が読売案を踏襲しています。 読売が現在も憲法改正についての調査研究を続けており、現在は戦争責任の検証というプロジェクトに取り組んでいますが、その後はまた憲法研究に戻って、制定経過などを考えてみたいと考えています。<お名前> 中野 邦観<フリガナ> なかのくにみ<講演料金> 応相談 円(90分〜120分程度での目安)<肩書き> 尚美学園大学総合政策学部教授(日本政治論、新聞論など) 尚美学園大学大学院政策研究科教授(ジャーナリズム論) 慶応大学大学院法学研究科非常勤講師(憲法特殊講義) 読売新聞社調査研究本部非常勤嘱託<専門分野・資格名称等> 興味分野は憲法、日本政治<主な経歴> 1963年早稲田大学政経学部卒、読売新聞入社 72年政治部、野党、外務省クラブキャップ、国会デスクなどを経て政治部デスク 電波報道?..
 13-東京都の講師  要相談
 和田 隆志  和田 隆志
<お名前> 和田 隆志<フリガナ> ワダ タカシ<講演料金> 要相談<肩書き> 衆議院議員<主な経歴> 昭和63年4月 大蔵省入省 平成3年7月〜平成4年7月 熊本国税局都城税務署長 平成5年6月〜平成8年6月 在タイ日本国大使館二等・一等書記官 平成10年7月〜平成12年7月 財務副大臣秘書官 平成12年7月〜平成13年7月 財務省理財局財政投融資総括課課長補佐 平成13年11月〜平成15年8月 衆議院議員 現在 民主党広島県副代表、民主党広島県第7区総支部長<主な講演テーマ1> 日本の財政<主な講演テーマ2> 日本とアジアとの関係<主な講演テーマ3> 少子高齢化問題<年間講演回数> 約10回<メディア出演等> ローカル・テレビやローカル・ラジオについては、スポットものでの出演は今までに12回<著作物・論文等> 通貨危機後のアジアの役割(月間ファイナンス)<受賞歴・記録・出場歴等> 1998年1月 タイ王国勲3等宝冠章 受賞<依頼者への要望> 近郊でも、遠方でも、招いて頂ける限りは参る所存です。ただ、現在、落選中で財政的には非常に厳しい日常活動になっているため、交通費だけは支給して頂...
 34-広島県の講演  要相談
 1 - 10 番目を表示   ページ:  1  2  [次ページ >>]  

講演.com は株式会社イー総研の登録商標です。本サイト上で記載されている写真、講演内容、キャッチフレーズ等は、それぞれの権利を管理する法人もしくは個人に帰属するものを、ご承諾いただいた上で掲載しておりますので無断転載はお止め下さい。
(株)イー総研関連サイト 専門家.com 見積り.jp 講師.com 自然薯.com スキルアカデミー