講演.com相談先電話0120-504-395
考え方/生き方 子育て/教育 政治/経済 健康/生活 環境/科学 ビジネス スポーツ 芸能/作家 研修 資格別 やる気アップ 教養
講演.com トップ » 講演.com カタログ » m054 講演.comアカウント(登録住所等)  |  選んだ講演者一覧を見る  |  ご相談ご依頼に進む   
講演分野から選ぶ↓
やる気アップ-> 1092人
教養-> 415人
考え方/生き方-> 1138人
子育て/教育-> 722人
健康/生活-> 723人
政治/経済-> 678人
環境/科学-> 166人
スポーツ-> 72人
ビジネス-> 2508人
芸能/作家-> 269人
資格別-> 387人
研修-> 2130人
お薦め講演者 全講演者表示
高柳 和江
高柳 和江
インフォメーション
ご相談から講演の流れ
講演者登録はこちら
会社概要
よくある質問
法律等に準拠した表記
プライバシーポリシー
講演.comご利用規約
お問い合わせ
都道府県から選ぶ↓
伊藤 雄一郎の主な講演テーマ/講演実績 このカテゴリへ戻る
講演料金 150,000円(税込)

交通費・宿泊費のみ別途必要。
弊社手数料や税を含む込みの金額。
相談無料で見積書もお出します。
問い合わせメールはこちら
地域:13-東京都の講師

講演.com識別番号:m054

お友達にお知らせする
講演の打診をする




モノあまりの時代、せっかく良い商品・サービスがあっても、宣伝を上手にしないと売れません。
元日経新聞記者・PR会社経営者ならではの、マスコミへの売り込み方、広告を使わない無料の掲載方法を、経営者・広報宣伝担当者に伝授します。いつ・誰に・どうやって、売り込めば掲載されるのか?
予算の少ないベンチャー、中堅・中小企業こそ、マスコミを上手に利用すべきです。 自社の商品やサービス、ブランドを、上手に表現することで、無料で番組や記事に掲載してもらいましょう!
思いがけない新規客からの問い合わせ、既存客からの信用力アップ、社員のモチベーションアップなどを通じて、販売促進にびっくりするような効果を発揮すること請け合いです!

<お名前>
伊藤雄一郎

<フリガナ>
イトウユウイチロウ

<講演料金>
 150000 円(90分〜120分程度での目安)

<肩書き>
PRコンサルタント

<専門分野・資格名称等>
広告宣伝、PR

<主な経歴>
1962年愛知県生まれ。
1986年早稲田大学卒業。在学中は雄弁会に所属。
1986年日本経済新聞社に記者として入社
1991年編集局長奨励賞受賞。
1991年独立。インド・中東・アフガニスタンなど世界40カ国を歴訪
1995年リミテッド株式会社設立。企業のPR支援の活動を始める。

<主な講演テーマ1>
「元日経記者が販売促進につながるPR術教えます」〜マスコミを無料で活用しよう
中小企業ならでは、のネタの作り方、売り込み方を伝授します。ニュースになるのは、大企業だけじゃない!要は話題の作り方なのです。自社の強みを掘り出し、効果的なマスコミへのPRする方法を伝授します。

<主な講演テーマ2>
「おいしいキャッチフレーズの作り方講座」
商品・サービスの販売には、インパクトが必要です。
そのインパクトを作り出すのは、ずばり

<キャッチフレーズ>
どうしたら、目を引くフレーズを考え出せるか、その発想法を伝授します。
実際にその場で案を作っていただきます。

<主な講演テーマ3>
「明日から使える広告テクニック(HP・チラシ・パンフの作成術)」
実践的な、効果を挙げるチラシ、DM、HP、ブログ、メルマガの作り方を教えます。ちょっとした工夫で、あなたのお店、会社の売り上げは倍増します。実際にその場で案を作っていただきます。

<主な講演テーマ4>
「記者会見のやり方教えます!」
新商品・サービスの発売のとき、記者会見が有効です。
一度にマスコミをたくさん集めて、発表しましょう。話題になること、間違いなし、です。
記者・テレビの集め方、発表の方法、実際のケーススタディをもとに、中小企業でもできる内容をレクチャーします。(他に、危機管理(リスクマネジメント)の準備方法も可)

<実際の内容:参考まで>
講演+研修(前半で講義をして、後半に実際にペンと紙を使って、実践練習します)
全体90分間として
講義:45分
販売促進のために:広告とPRの違いとは・・・有料と無料。必ず掲載と掲載されないかも。
ベンチャー、中堅・中小企業向けのPRという方法
より安く、より効果的にPRするには
何をPRするか・・・商品?会社?社長?
注目を集めるにはどうするか?・・・新しさ、意義
「おやっ?」「まあ」「へえ」の3要素
自社の強みを突き詰めて考えよう
基本は5W2H+YTT
マスコミの種類と、それぞれの攻略法
PRツールの制作のコツ(HP、チラシなど)
研修:45分
キャッチコピーを考えてみる(10分)
ニュースリリース(あるいはチラシ)を作ってみる(15分)
それぞれについて、書いてもらった例を取り上げ、アドバイス(20分)

<受けられる講演形式>
単独講演
パネリスト
講演会
研修会など、なんでも可。

<講演実績>
07年の場合:
対象は、ベンチャー企業、中堅・中小企業の経営者。企業の広報・宣伝担当者など
(経営者団体)
 ・日立市商工会議所「中小企業の生き残り戦略」
 ・青森県弘前市中小企業団体中央会「HPの作成術」
・山口・萩市商工会「自社をいかにPRしたらよいか」
・埼玉・熊谷商工会議所「街おこしを考える」
・東京・調布商工会議所「マスコミを学ぶ」
・ベンチャー企業立志塾「広告とPRの違いーそれぞれの活用法」
・ダイヤモンド経営塾「中小企業のPR戦略」 など
(個別の企業)
 ・電通グループ「日経新聞はどうやって作られているかー記事掲載のために」
 ・NTTグループ「マスコミと連携する方法」
 ・日立グループ労働組合「運動を盛んにするためのPR」
 ・トヨタグループ労働組合「組合のPRを考える」 など 
(聴講者の声)
・出席いただいたみなさまより、従来の講演スタイルと違い、個別的・具体的でわかりやすく、かつ、Q&A方式でしたので、自社の悩みが解消できた、と非常に好評でした。(50代男性 講演主催者)
・マスコミに売り込むには、準備がなにより大切なことがわかりました。キャッチフレーズの作り方がとくに役に立ちそうです。(40代男性 サービス業宣伝担当)
・もっと早く聞いておけば良かった。部下にも聞かせたい。PRだけでなく、ビジネス全体に役に立つ。(50代男性・サービス業社長)
・これから出す新製品の営業に、ぜひ活用したいと思います。(30代女性 メーカー)
・いきなり宣伝担当になり、どうしたらよいのかわかりませんでした。伊藤先生の講義を受けて、何から手をつければいいか、光明が見えた気がします。(40代男性 メーカー)
・先日記者の取材を受けて、ちゃんと答えたつもりが記事ではボロボロ。伊藤先生の講義を受けて、欠点がよく理解できました。次は、大丈夫です。(50代男性 流通業役員)

<年間講演回数>
約20回

<メディア出演等>
07年の場合:
テレビ朝日「報道ステーション」
日本テレビ「リアルタイム「今日の出来事」
毎日新聞社「サンデー毎日」
青春出版社「BIG TOMORROW」
ぎょうせい「Forbes日本版」
東京ニュース通信社「テレビブロス」
フジサンケイ・ビジネスアイ

<著作物・論文等>
著書26冊:
「ビジネスは読む力で決まる」(産学社)
「経済が楽しくなる本」(日本経済新聞社)
「年金術」(文芸春秋)
「東京再生情報」(講談社)
「投資信託を買う前に」(文春新書)
「金融生き残り戦争」(ダイヤモンド社)
「生保のからくり」(講談社)など。
・メルマガを毎週配信中(11869部)「3分でわかる広告PRの達人〜3分の1の予算で3倍の効果」

<受賞歴・記録・出場歴等>
日本経済新聞社時代に、編集局長奨励賞を受賞。

<委員・兼職等>
日本経済新聞社新製品評価委員会委員
金融イノベーション会議委員

<出身地>
愛知県

<母校>
早稲田大学
最新の講演レビュー: 29
 

この講演者は 2006/03/08 にカタログに登録されました。

レビューを読む

この講演者を選んだ人は、こんな講演者も選んでいます
竹下 光彦
竹下 光彦
高橋 宗照
高橋 宗照
森戸 裕一
森戸 裕一
逢坂 ユリ
逢坂 ユリ
小松 俊明
小松 俊明
小黒 光司
小黒 光司
地域情報
その他の講演者
友達に知らせる
 
この講演者のURLを友達にメールする

講演.com は株式会社イー総研の登録商標です。本サイト上で記載されている写真、講演内容、キャッチフレーズ等は、それぞれの権利を管理する法人もしくは個人に帰属するものを、ご承諾いただいた上で掲載しておりますので無断転載はお止め下さい。
(株)イー総研関連サイト 専門家.com 見積り.jp 講師.com 自然薯.com スキルアカデミー