講演.com相談先電話0120-504-395
考え方/生き方 子育て/教育 政治/経済 健康/生活 環境/科学 ビジネス スポーツ 芸能/作家 研修 資格別 やる気アップ 教養
講演.com トップ » 講演.com カタログ » m3716 講演.comアカウント(登録住所等)  |  選んだ講演者一覧を見る  |  ご相談ご依頼に進む   
講演分野から選ぶ↓
やる気アップ-> 1090人
教養-> 415人
考え方/生き方-> 1134人
子育て/教育-> 722人
健康/生活-> 723人
政治/経済-> 678人
環境/科学-> 166人
スポーツ-> 72人
ビジネス-> 2505人
芸能/作家-> 269人
資格別-> 386人
研修-> 2130人
お薦め講演者 全講演者表示
高柳 和江
高柳 和江
インフォメーション
ご相談から講演の流れ
講演者登録はこちら
会社概要
よくある質問
法律等に準拠した表記
プライバシーポリシー
講演.comご利用規約
お問い合わせ
都道府県から選ぶ↓
小野 五郎の主な講演テーマ/講演実績 このカテゴリへ戻る
講演料金 要相談

お電話やメールを頂ければ、金額をお答えします。
問い合わせメールはこちら
地域:13-東京都の講師

講演.com識別番号:m3716

お友達にお知らせする
講演の打診をする




 これまで身近な村おこし・町おこしから、アイデアの育て方、今の経済をどう読むか、地球環境のゆくえ、外国人労働者受け入れ論の嘘、さらにはこれからの日本はどうあるべきかなどまで、多種多様な執筆・講演を引き受けてきた。最近では、これらに加えて、自己体験に基づき、人生を百倍楽しむ生き方、退職後どうすれば趣味を持つことができるかなども仲間内で話をするようになった。したがって、頼まれれば、たいていの題目について講演可能。ただし、聴衆に媚びず、辛口ではっきりと言う。

<お名前>
 小野 五郎

<フリガナ>
 オノ ゴロウ

<講演料金>
 要相談

<肩書き>
 埼玉大学名誉教授

<専門分野・資格名称等>
 後記の実績、著作、体験等から分かるとおり、かなり広汎な問題が専門分野に属する。したがって、ここには主要分野だけ記する。大学設置審議会により、博士後期課程担当教授資格ありと認定されている。
 経済社会問題一般、経済・産業政策
 地球環境問題、環境倫理、循環社会
 国際化、経済協力、比較文化論、外国人労働者問題
 地域振興、中小企業論
 政策形成、アイデア、企画
 社会システム論、産業構造論
 少子高齢化、社会福祉
 教育、倫理
 国家理念、歴史観

<主な経歴>
 1966年東大経済卒、同年通産省入省、1977年国連工業開発機構(UNIDO)専門家(在メキシコ)、1981年情報処理振興事業協会総務部長、1982年中小企業事業団業務計画部長、1984年四国通商産業局総務部長、1987年アジア経済研究所経済協力調査室研究主幹、1989年信州大学経済学部・同大学院経済科学研究科教授、1993年埼玉大学経済学部・同大学院経済科学研究科教授(〜2008年)、同大学評議員(1995〜1997年)、2008年同大学名誉教授。他にロシア経済省顧問(1998年9月,10月に1ヶ月間)、埼玉地方社会保険医療協議会会長(1997〜2006年)、日本経済新聞2020年委員・ミレニアム委員(1997〜2001年)

<主な講演テーマ1>
 地球環境問題の克服に向けて

<主な講演テーマ2>
 村おこし・町おこしに向けたアイデアの出し方

<主な講演テーマ3>
 老いを悔いなく生きるには

<主な講演テーマ4>
 少子高齢化時代をどう迎えるべきか

<主な講演テーマ5>
 個性の磨き方

<受けられる講演形式>
 講演一般、パネルの司会・パネラー、各種研修・講習会講師から研究会での座長・委員さらには個別指導まで幅広く対応可能。

<講演実績>
(1)地球環境問題:1993年にマドリッドでローマクラブ他が開催した「環境と政治」国際会議にアジアを代表して唯一の非白人として報告・討論に参加。以来、日本各地で講演多数、大学・大学院での講義経験もあり。
(2)産業政策:2000年にロシア政府の依頼によりモスクワで講演したほか、国際協力事業団の研修所他で途上国・移行経済国の政府職員を対象に講義多数、埼玉大学時代大学院での担当講義課目。
(3)外国人労働力問題:外務省その他の依頼により、近年は毎年講演ないしパネル司会等。
(4)政策形成論:かつて政策研究大学院大学、地方自治体研修所、参議院政策秘書研修などで講義多数。
(5)地域振興・中小企業問題:埼玉大学大学院政策科学研究科で講義、日本各地で講演数回経験あり。
(6)経済時評・時事解説:小規模な会合で数回講演経験あり。
(7)生活と経済:短大で講義経験あり。
(8)国家理念・国家像:大規模な講演会に講師参加のほか、某政党でも小規模な講演経験数回あり。
(9)経済政策・産業構造論:大学・大学院での講義のほか、数回講演経験あり。いわば本業中の本業。

<年間講演回数>
 不定期で数回

<メディア出演等>
 外国人労働力問題で「朝まで生テレビ」、NHK教育テレビなどに出演したほか、育児問題他のテーマで数回テレビ出演経験あり。
 その他新聞・雑誌への寄稿、取材協力は無数。日本経済新聞社ミレニアム委員として活躍。
 日本国際英語交流連盟の英語による日本人の考え方の対外発信に登録寄稿者として参加。

<著作物等>
 数が多いので、単行本と主要報告書だけを紹介する。
[単著]
『実践的産業政策論』(財)通商産業調査会、1992年
『生態主義−日本からの発信』同文館、1993年
『経済政策論のパラドクス』(財)通商産業調査会、1993年
『「超・価値観−これからの時代 何に価値を求めるか」(財)通商産業調査会、1994年
『産業構造入門』日本経済新聞社、1996年
『ドイモイのための産業政策』(ベトナム語)ベトナム中央文化出版社、1998年
『現代日本の産業政策』日本経済新聞社、1999年
『いい企画をものにする法』1999年、日本評論社
『ホロニック工学論 どうすれば永続可能な人類社会が構築できるか』(財)富士社会教育センター、2005年
『外国人労働者受け入れは日本をダメにする』洋泉社、2008年
[共著]
『外国人労働者の就労実態』明石書店、1992年
『新しい日本の国家像』(財)富士社会教育センター、1999年
『機械産業の国際化と部品調達』アジア経済研究所、1990年
『企業と政治経済』総合法令、1993年
『地球の危機と新しいライフスタイルの創造−労使で築く持続可能な社会と文明−』 
(財)富士社会教育センター、1997年
[報告書:主要なもの、総て単著]
『経済協力の理念に関する調査研究』(財)産業研究所、1989年
『ソフト化時代の地域振興に関する調査研究』(財)産業研究所、1989年
『電子取引時代における経済社会システムに関する調査研究』(財)産業研究所、2001年
『福祉事業における政府と企業の役割に関する調査研究』(財)産業研究所、2004年
『中小機械産業を取り巻く環境変化と対応の方向に関する調査研究報告書』(社)日本機械工業連合会、2008年
[日本国際英語交流連盟から英語で発信したもの:テーマだけ]
 捕鯨、地球環境、知的財産権、大相撲、イラク戦争、靖国参拝、投資と投機、金融危機など。

<受賞歴・記録・出場歴等>
[受賞歴]
 第五回金子賞第一席『より普遍的価値観の創造−動態系としての価値観の相違の克服−』
 日本経済新聞New Being論文優秀賞受賞「多価値化社会の新市場哲学」
 第五回高橋亀吉賞優秀賞受賞「新広域地域圏『ホロン・ポリス』の提唱」
 日本未来学会『日本語の未来』佳作受賞「世界語としての日本語の優位性」
 朝日新聞『私のTOKYO改革論』佳作受賞「東京人の『ふるさと創生』論」
[絵画歴](油絵・版画)
 挿絵画家故田代光(素魁)門人
 新協美術元会友(上野美術館に油絵出展数回)
 白山会・白礫会元同人(銀座地球堂画廊でグループ展油絵・版画出展十数回)
 武蔵野デッサン会元会員(グループ展油絵・版画出展数回)
 銀座地球堂画廊で油絵個展「神々と女たち」(1996年)など
[その他創作歴](小説・詩・短歌・川柳・陶芸)
 小説:雑誌新人賞などの候補数回
 詩歌・川柳:新聞の投稿欄等に採用数回
陶芸:炎の華元同人(出展数回)
[格闘技]
 明治神宮至誠館門人(鹿島流剣術、合気道)
 合気道三段
 少林寺拳法初段
[その他段位等]
 日本棋院初段
 都山流尺八初伝
[出場歴]
 ボート:1962年ジュニア・インカレ出漕
 マラソン:1984,1985年小豆島タートル・フルマラソン出場

<委員・兼職等>
[公的委員等] 
中小企業政策審議会臨時委員(2006年から現職)
埼玉地方社会保険医療協議会会長(1997〜2006年)
中小企業近代化審議会専門委員(1996〜1999年)
通産研究所特別研究官(1996〜2001年)
外務省領事移住部「外国人労働力・移民問題研究会」幹事(2001〜2004年)
外務省中南米局「日系ブラジル人問題研究会」委員(2002,2003年)
財務省総合政策研究所「日本型経済システム再考委員会」委員(2001,2002年)
ほかに横浜市「震災対策研究委員会」委員長、埼玉県「東部地域産業センター検討委員会」部会長など多数歴任。
[その他委員等]
日本経済新聞社2020委員会委員(1997〜1999年)
日本経済新聞社ミレニアム委員会委員(1999〜2001年)
(財)富士社会教育センター「環境倫理問題委員会」委員(1996,1997年)
(財)富士社会教育センター「国家問題委員会」委員(1998,1999年)
循環社会推進国民会議コア・メンバー(1998年〜現在)
NPO法人環境文明21「循環社会研究会」委員(1999〜2003年)
[大学兼任講師等]
国士館大学大学院経済学研究科兼任講師(経済資源論)(1990〜1992年)
名古屋大学大学院地圏環境研究科兼任講師(循環社会)(2000年)
政策研究大学院大学兼任講師(地域産業政策、政策形成論)(1987〜1999年、2000,2001年)
東京家政学院短期大学非常勤講師(生活と経済)(2003年)

<出身地>
 東京

<母校>
 東京大学
最新の講演レビュー: 11
 

この講演者は 2008/12/01 にカタログに登録されました。

レビューを読む

この講演者を選んだ人は、こんな講演者も選んでいます
三森 暁江
三森 暁江
地域情報
その他の講演者
友達に知らせる
 
この講演者のURLを友達にメールする

講演.com は株式会社イー総研の登録商標です。本サイト上で記載されている写真、講演内容、キャッチフレーズ等は、それぞれの権利を管理する法人もしくは個人に帰属するものを、ご承諾いただいた上で掲載しておりますので無断転載はお止め下さい。
(株)イー総研関連サイト 専門家.com 見積り.jp 講師.com 自然薯.com スキルアカデミー