講演.com相談先電話0120-504-395
考え方/生き方 子育て/教育 政治/経済 健康/生活 環境/科学 ビジネス スポーツ 芸能/作家 研修 資格別 やる気アップ 教養
講演.com トップ » 講演.com カタログ » m259 講演.comアカウント(登録住所等)  |  選んだ講演者一覧を見る  |  ご相談ご依頼に進む   
講演分野から選ぶ↓
やる気アップ-> 1093人
教養-> 415人
考え方/生き方-> 1138人
子育て/教育-> 722人
健康/生活-> 723人
政治/経済-> 678人
環境/科学-> 166人
スポーツ-> 72人
ビジネス-> 2510人
芸能/作家-> 269人
資格別-> 387人
研修-> 2131人
お薦め講演者 全講演者表示
三遊亭 円丸
三遊亭 円丸
インフォメーション
ご相談から講演の流れ
講演者登録はこちら
会社概要
よくある質問
法律等に準拠した表記
プライバシーポリシー
講演.comご利用規約
お問い合わせ
都道府県から選ぶ↓
ジョー 奥田の主な講演テーマ/講演実績 このカテゴリへ戻る
講演料金 200,000円(税込)

交通費・宿泊費のみ別途必要。
弊社手数料や税を含む込みの金額。
相談無料で見積書もお出します。
問い合わせメールはこちら
地域:13-東京都の講師

講演.com識別番号:m259

お友達にお知らせする
講演の打診をする




講演タイトル:美しき地球の記憶
自然音・自然の魅力を伝えたい。
なぜ自然音なのか?と言うと、自分の孫やひ孫の代に、今の日本、そして地球の美しい音(自然)を伝えたいから。

<お名前>
ジョー奥田

<フリガナ>
ジョーオクダ

<講演料金>
200,000円(90分〜120分程度での目安)

<肩書き>
自然音録音家・ネイチャーサウンドアーティスト・音楽プロデューサー

<専門分野・資格名称等>
自然・環境・音楽
歯科医師

<主な経歴>
1954年10月23日生まれ。
自然音録音家。バイノーラルマイクとデジタルレコーダーを使用して録音した自然音を素材に、新しい音の世界をクリエートする。
略歴: 6才にてピアノレッスンを開始するも、むしろ野球と絵に熱中する少年時代をおくる。
中学一年の時、ドラムとギターを同時に手にし、アマチュアバンド活動を開始。高校時代は軽音楽部に所属し、校内外にてバンド活動に明け暮れる。
ジョージ大塚氏に師事後にヤマハドラムスクールのアシスタント講師として採用される。 1976、77年と連続して88ロックデー本選に出場。あるアクシデントのため、ベストドラマー賞を惜しく逃す。
1980年、渡米。ロサンゼルスの音楽学校『ミュージシャンズ・インスティチュート(MI)』卒業。卒業後、プロドラマーとしての活動を開始。ロサンゼルスを活動拠点とし バンド活動を行うほか、スタジオ・ミュージシャンとしてシーナ・イーストンをはじめ数多くのレコーディングに参加。
スタジオ音楽制作、録音技術を独学。音楽全般にわたる録音制作を開始。ロバータ・フラック、フィルップ・ベイリー、ピーボ・ブライソンをはじめ、数々のアーティストの作品のプロデュースを手掛ける。1991年、サザンオールスターズのカバーアルバム「Mid-Summer Blossoms」(Sony Records)を発表し、25万枚の売り上げを記録。
自然環境音楽に興味を広げ、米国「オレンジツリー」制作。アメリカ国立公園シリーズのアドバイザーを務める。「日本国立公園シリーズ」第1弾として「Mt. Fuji」を発表。「癒しのピアニスト」として知られる、巨勢典子のアルバム「風の記憶」をプロデュース。
2002年、自らのレーベル、「クリアライト」を設立。野田知佑氏、辰野勇氏他、多くの協力を得、レーベル第1作目「川へ帰ろう=四万十川」を発表。
2005年秋より雑誌「オーディオアクセサリー」(音元出版)で連載をスタート。2005年12月ジェマティカ・レコーズより美しき地球の記憶シリーズ「AMAMI」「Nagi」「Canoe Trip」の3タイトルを同時リリース、2006年4月5日にシリーズ第4弾「YAKUSHIMA」 をリリース。

<主な講演テーマ1〜8>
・なぜ今自然音なのか?
今、本当にクォリティーの高い自然音が求められているのは、
現代社会における生活の中で受けるストレスの量がある一定量を
越え始めているからに他ならない。実際に自然の音を聴いて体験しながら、
今、なぜ自然音が必要なのかを語る。
・なぜ自然音は人を癒すのか?
波の音や森の音を聴くことで、人間が精神的に安定を取り戻し
心地良く感じるのはすでに周知のことであるが、実際に癒される
自然の音を聴きながら、効果を体感しその意味を語る。
・奄美大島の自然を語る
日本の魂の故郷と言われる奄美大島の大自然について
実際の録音体験から、その美しさと貴重さを奄美大島の自然音を
聴きながら語る。
・屋久島の自然を語る
何千年も人間が入らなかった原生林を有する屋久島、
樹齢7000年を越える縄文杉がたたずむ屋久島の森。
世界遺産にしていされた屋久島の自然の素晴らしさを
旅人の視点から語る。
・四万十川の自然を語る
『日本最後の清流』と讚え賞される高知県四万十川。
そこにある日本の原風景を四万十川流域の自然の音を聴きながら語る。
・野外録音の楽しさ
マイクとレコーダーを持って外に出る。そこには普段気がつかなった
美しい音があふれている。アウトドアの楽しみ方のひとつとして、
自然を録音して聴いて楽しむことのノーハウを語る。
・なぜ今、録音が面白いのか
音を録音して聴いて楽しむということは、ビデオや写真では
表現出来ない生々しい記憶を形に留めておくこと。
音を録音する楽しみ方を実際に音を聴きながら解説し、
ノーハウを知ってもらう。
・地球環境保全と自然音
地球環境問題がグローバルな視点で語られる時代に
自然音の美しさを再認識することの意味と重要性について、
実際に自然音を聴きながら語る。
・自然音のあるローハスライフ
普段の生活の中で、自然音を楽しむ、というライフスタイルを
提案し、その楽しみ方について語る。
・エコロジーと自然音
自然の音の美しさを感じる心を持ち、自然と自分との関係を
再認識する重要性をエコロジーの観点から語る。

<受けられる講演形式>
自然音を流しながら映像・画像を交えの講演

<講演実績>
2000年大阪スクールオブミュージック
2005年
8月愛知万博( 愛・地球博市民パビリオン)
12月東京原宿・TRAVEL CAFE BLISS
2006年
1月東京丸の内・ケンウッドショールーム
1月東京赤坂・ライブハウスOTONAMI
5月北海道札幌・miim

<年間講演回数>
15回

<メディア出演等>
『オーディオアクセサリー』(音元出版)連載担当中。
新聞・雑誌・ラジオ等出演多数。

<著作物・論文等>
2005年12月美しき地球の記憶「AMAMI」「Nagi」「Canoe Trip」(ジェマティカ・レコーズ)
2006年4月美しき地球の記憶「YAKUSHIMA」(ジェマティカ・レコーズ)

<依頼者への要望>
講演にあたり自然音と画像を流しますので下記の機材の用意をお願いします。
・プロジェクター
・画像出力用PC
・スピーカーと簡単なPAシステム
(スピーカーに関しましてはなるべく高品質なものでお願いします。)
CD販売を必ず行わせてください(会場手数料が発生する場合はご相談に応じます。)
最新の講演レビュー: 6
 

この講演者は 2006/06/15 にカタログに登録されました。

レビューを読む

この講演者を選んだ人は、こんな講演者も選んでいます
伊井野 雄二
伊井野 雄二
山村 悦夫
山村 悦夫
地域情報
その他の講演者
友達に知らせる
 
この講演者のURLを友達にメールする

講演.com は株式会社イー総研の登録商標です。本サイト上で記載されている写真、講演内容、キャッチフレーズ等は、それぞれの権利を管理する法人もしくは個人に帰属するものを、ご承諾いただいた上で掲載しておりますので無断転載はお止め下さい。
(株)イー総研関連サイト 専門家.com 見積り.jp 講師.com 自然薯.com スキルアカデミー