講演.com相談先電話0120-504-395
考え方/生き方 子育て/教育 政治/経済 健康/生活 環境/科学 ビジネス スポーツ 芸能/作家 研修 資格別 やる気アップ 教養
講演.com トップ » 講演.com カタログ » m026 講演.comアカウント(登録住所等)  |  選んだ講演者一覧を見る  |  ご相談ご依頼に進む   
講演分野から選ぶ↓
やる気アップ-> 1088人
教養-> 414人
考え方/生き方-> 1135人
子育て/教育-> 723人
健康/生活-> 727人
政治/経済-> 681人
環境/科学-> 166人
スポーツ-> 71人
ビジネス-> 2531人
芸能/作家-> 268人
資格別-> 391人
研修-> 2139人
レビュー 全講演者表示
佐藤 達夫
..
インフォメーション
ご相談から講演の流れ
講演者登録はこちら
会社概要
よくある質問
法律等に準拠した表記
プライバシーポリシー
講演.comご利用規約
お問い合わせ
都道府県から選ぶ↓
携帯電話版サイトご案内
Qrcode
携帯版 講師紹介サイト
http://koushi.mobi/

佐藤 達夫の主な講演テーマ/講演実績 このカテゴリへ戻る
講演料金 要相談

お電話やメールを頂ければ、金額をお答えします。
問い合わせメールはこちら
地域:11-埼玉県

講演.com識別番号:m026

お友達にお知らせする
講演の打診をする




「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

<お名前>
佐藤達夫

<フリガナ>
さとう たつお

<講演料金>
 要相談

<肩書き>
食生活ジャーナリストの会代表幹事

<専門分野・資格名称等>
生活習慣病予防・食の安全安心

<主な経歴>
1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。
月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。
日本ペンクラブ会員。女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、 埼玉県食の安全県民会議委員、ユーコープ事業連合リスクコミュニケーション委員会副委員長。

<主な講演テーマ1>

<あなたはなぜやせないか>
肥満は、原因(過食と運動不足)も解決方法もわかっているのに、ほとんどの人が解決できないという、不思議な疾病です。その理由は、多くの人が「間違ったダイエット」を実行しているからです。非科学的なダイエットは、やせない(むしろリバウンドによって太ってしまう)だけではなく、健康を害することさえあるのです。正しい情報だけが、あなたの体重をコントロールすることができるのです。

<主な講演テーマ2>

<おとなの食育>
文部科学省がようやく重い腰を上げ「子供に食教育を」と言い出しました。日本の将来を担う子ども達に健康教育を施すことはとてもよいことではありますが、私は、今のおとなにこそ「食教育」が必要だと感じています。たとえば、団塊の世代の中高年が、そのまま「要介護老人」になってしまったら、日本の医療費は即座に破綻します。認知症になったり要介護になったりする老人を一人でも減らすために「自分の健康は自分で守る」という「大人の食育」が不可欠です。

<主な講演テーマ3>

<安全な食品の食べ方・選び方>
食品の安全性を脅かす事例が跡を絶ちません。その反動で、食品の危険性ばかりを強調する情報があふれています。その内容は「こんなに危険だから買ってはダメ」「食べてはいけない」というように、食品の危険性を過度に誇張しています。いわゆる「安全だ」とされているものばかりを食べることによる「栄養の偏り」のほうが健康を害するだろうと、私は思います。現実的で科学的な「食品の食べ方・選び方」を紹介します。

<主な講演テーマ4>

<テレビの健康情報って、ホント?>
テレビでは、毎日のように“○○を食べれば糖尿棒が治る”“××で食事制限や運動をしないでもミルミル痩せる”などの健康情報が流されています。多くの人は「ホントかな?」と疑いつつも「テレビで言うんだから、まるきりのウソでもないだろう」と一定の評価をしているようです。でも手部日の健康情報の過信は禁物です。テレビではけっして放映しない「真実」をお話しします。

<主な講演テーマ5>

<どうしますか?中高年からの二人暮らし>
子供が独立し、親が旅立つと、団塊の世代に「二度目の二人暮らし」がやってきます。退職後の二人の生活を「うまくやる」には、新婚の時とは違う「それなりの工夫」が必要です。加えて、中高年以降の人生は「健康であること」が大前提になります。健康を害すると、人生設計そのものが大きく狂います。健康のために、そして幸せな二人暮らしを続けるためには、男も女も「自分のことは自分でする」という心構えが必要なのです。

<主な講演テーマ5>

<野菜を食べて健康になろう!>
ポリフェノール、カロテノイド、イソフラボン、カテキンなど、植物性食品に含まれる機能性成分が注目されています。テレビなどでは、連日、これらの成分を含む野菜を取り上げて「これを食べれば健康になれる」という健康情報を流しています。しかし「本当にそうだろうか?」という疑問を感じている消費者も少なくありません。野菜は本当に健康にいいのか、それはなぜなのか等を、科学的にかつわかりやすくお話しします。

<主な講演テーマ6>

<生活習慣病を食事で予防する>
糖尿病、高血圧症、高脂血症などの生活習慣病は、薬で治療する前に食生活を改善することが何よりも大切です。かといって「実行できれば治療効果は大きいが、ほとんどの人にとって実行不可能な食生活」を示されても困ります。誰でもすぐに取り組め、予防効果の大きい生活習慣病対策をお話しします。生活習慣病の「そもそもの原因」といわれている肥満を予防する食事法もお教えします。

<受けられる講演形式>
単独講演会、セミナー、研修会、パネリスト、シンポジウムのコーディネーターなど、いずれの形式でもお引き受けできます。これまでは単独講演の形式が圧倒的に多いです。

<講演実績>
新潟県:食品表示セミナー「食品表示と食の安全」
沖縄県:食育シンポジウム「テレビの健康情報を検証する」
埼玉県:食育普及講習会「野菜を食べて健康になろう」
神奈川県:消費者教育教員研修会「食品の安全と安心」
秋田市:食の安全講演会「安全な食品の選び方・食べ方」
町田市:消費生活センター学習会「健康情報のウソホント」
川越市:女性ネットワーク公開講座「どうしますか?中高年からの二人暮らし」
所沢市:保育職員研修会「子どもとお母さんの食育」
越前市:消費者講演会「食品安全のウソホント」
江東区法人会:総会記念講演「メタボ予防の食生活」など

<年間講演回数>
約50回

<メディア出演等>
NHK「こんにちはいっと6けん」
日本テレビ「ご存じですか?」 
テレビ神奈川「アクセスNOW」
朝日ニュースター「パックインジャーナル」など

<著作物・論文等>
『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)
『栄養と健康のウソホント』(社団法人家の光協会)
『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)
『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)
『野菜の学校』(岩波書店)
『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数

<依頼者への要望>
「話しをしてほしいテーマ」を具体的にお伝えください。できる限りご要望にお応えします。 
講演後に「著書を売ってください」という要望が多いので、会場で著書の販売ができるとありがたいです(本業は執筆業ですので)。
最新の講演レビュー: 9
 

この講演者は 2006/03/02 にカタログに登録されました。

レビューを読む

地域情報
その他の講演者
友達に知らせる
 
この講演者のURLを友達にメールする

講演.com は株式会社イー総研の登録商標です。本サイト上で記載されている写真、講演内容、キャッチフレーズ等は、それぞれの権利を管理する法人もしくは個人に帰属するものを、ご承諾いただいた上で掲載しておりますので無断転載はお止め下さい。
(株)イー総研関連サイト 専門家.com 見積り.jp 講師.com 自然薯.com スキルアカデミー