講演.com相談先電話0120-504-395
考え方/生き方 子育て/教育 政治/経済 健康/生活 環境/科学 ビジネス スポーツ 芸能/作家 研修 資格別 やる気アップ 教養
講演.com トップ » 講演.com カタログ » m040 講演.comアカウント(登録住所等)  |  選んだ講演者一覧を見る  |  ご相談ご依頼に進む   
講演分野から選ぶ↓
やる気アップ-> 1088人
教養-> 416人
考え方/生き方-> 1137人
子育て/教育-> 726人
健康/生活-> 727人
政治/経済-> 678人
環境/科学-> 166人
スポーツ-> 72人
ビジネス-> 2524人
芸能/作家-> 270人
資格別-> 391人
研修-> 2137人
レビュー 全講演者表示
山村 武彦
2010年11月26日の講演では、主催者様より、下記のような感想を頂きました。 「山村先生のご講演は現地調査に基づ ..
5点中の 5点!
インフォメーション
ご相談から講演の流れ
講演者登録はこちら
会社概要
よくある質問
法律等に準拠した表記
プライバシーポリシー
講演.comご利用規約
お問い合わせ
都道府県から選ぶ↓
携帯電話版サイトご案内
Qrcode
携帯版 講師紹介サイト
http://koushi.mobi/

山村 武彦の主な講演テーマ/講演実績 このカテゴリへ戻る
講演料金 要相談

お電話やメールを頂ければ、金額をお答えします。
問い合わせメールはこちら
地域:13-東京都

講演.com識別番号:m040

お友達にお知らせする
講演の打診をする




防災・危機管理に関する講演、地震対策、テロ、事件、事故などに対する対策、防災マニュアルの作り方、経営戦略などなど。
防災・危機管理は、自分・家族・隣人(人)の命や社会(企業・地域・国)を守ることだと思っています。そして、同じ時代を生きる者同士、被害者、加害者、傍観者にならないためのモラルでもあります。
 阪神・淡路大震災がすべての防災対策の規範にはなりません。悲惨な災害であり多くの教訓を残しましたが、それでも災害の一事例でしかないのです。
 私は多くの災害、テロ、事故、事件の現場に足を運び、災害そのものをなくせないまでも、被害を少なくするにはどうすべきか、多角的、複眼的に360度の視点から1点を考えることにしています。
しかし、それでも絶対ではないのですから、机上の形式的マニュアルや対策では実戦で役立つはずもありません。1点から360度を推測して対策を考えることは大変危険なことなのです。多くの現場を見て共通の法則を考え、実践的なマニュアルや計画にするために行動し、人と社会の安全、安定、安穏構築という結果を出すことが大切です。
 分厚いマニュアルよりも、実践で役立つマニュアルが重要です。
実践的な防災・危機管理とは理想を追求するきれいごとや形だけのものではなく、費用対効果に配慮し現実的合理的対策でなくてはならないと考えています。

<お名前>
山村武彦

<フリガナ>
ヤマムラタケヒコ

<講演料金>
要相談

<肩書き>
防災アドバイザー又は防災システム研究所所長

<専門分野・資格名称等>
☆地震・津波・竜巻・噴火・土砂災害等の調査と対策
☆火災・爆発・高圧ガス・危険物漏えい災害調査と対策
☆防災・危機管理マニュアルの策定・監修
☆新型インフルエンザ対策マニュアル策定・監修
☆BCP(事業継続計画)の策定・監修
☆行政職員の防災・危機管理対策
☆自主防災・家庭・地域防災
☆企業経営に関わる実践的危機管理
☆防犯・テロ対策
☆生活安全・社会の安全対策
☆学校・教育施設と職員の防災・危機管理対策
☆労働安全衛生・リスクアセスメント対策
☆防災・危機管理機器の調査・開発・アドバイス
☆防災・危機管理意識の高揚・啓発
☆研究開発(モノづくり)と安全哲学
☆緊急時における防災心理学

<主な経歴>
1964年・新潟地震でのボランティア活動を契機に防災システム研究所設立
1995年・科学技術振興功績者として科学技術庁長官賞受賞
1995年・阪神・淡路大震災2時間後に現地入り。現地調査はこれまでに120箇所以上
2004年・ニュースステーション、読売新聞「顔」などに登場、中越地震現地調査
2005年・スマトラ沖地震津波災害、JR福知山線脱線事故、パキスタン地震現地調査
2007年・新潟県中越沖地震現地調査、ペルー地震現地調査
2008年・富山県高波災害現地調査、四川大地震現地調査、岩手・宮城内陸地震現地調査
2009年・オーストラリア森林火災現地調査、四川地震1周年現地調査、山形県鶴岡市地すべり現地調査、神戸新型インフルエンザパニック現地調査(2009年)、山口豪雨災害現地調査、群馬県館林市竜巻災害、兵庫県佐用町水害現地調査(2009年)、インドネシアスマトラ沖地震現地調査

<主な講演テーマ1>
「自分の命、大災害から守れますか?」
「大地震に備える安心マニュアル」

<主な講演テーマ2>
「防災常識と実践的知識との開き」
「大地震その時どうする?企業におけるセルフディフェンス」

<主な講演テーマ3>
「みんなでつくる災害に強いまち」
「住まいと防災・セミナー」

<主な講演テーマ4>
「行政職員の防災・危機管理」
「わがまちの防災・あなたが主役・自主防災の必要性について」

<受けられる講演形式>
講演会、シンポジウム、安全大会、研修会、防災教室
プロジェクターを使用するため大型スクリーンと屋内会場が必要です。
100名以上の参加をお願いしています。

<講演実績>
800回以上

<メディア出演等>
日本テレビ・1995年1月17日・神戸市災害対策本部から、特捜最前線、ザ・ワイド
NHKテレビ・ためして、ガッテン、中越地震24時間スペシャル、まる得マガジン
NHKラジオ・防災特集、防災相談室、サンデートーク・ラジオ深夜便、NHKジャーナル
フジテレビ・おはようナイスディ、スーパーニュース
文化放送ラジオ・夕焼けアタックル、防災の日スペシャル・大地震そのときどうする
テレビ東京・くらしのワンポイント・地震に備える知識と知恵
TBSテレビ・はなまるマーケット、筑紫哲也のニュース23、ブロードキャスター
テレビ朝日・ワイド・スクランブル、ニュースステーション、スーパーJニュース
ABC放送TV・ビーバップハイヒールほか多数

<著作物・論文等>
「大震災、これなら生き残れる」朝日新聞社、「人は皆自分だけは死なないと思っている」宝島社、「大地震その時どうする」五月書房、「闘う防災術」銀河出版、「我が家の防災手帳」銀河出版「今日からできる生活革命」五月書房「防災・危機管理教育研修用CD」等多数

<委員・兼職等>
防災システム研究所/所長
消防庁/防災訓練活性化研究会委員・消防庁/環境リサイクル研究会幹事
防災対策評価委員会幹事・研究開発型企業連絡会議議長・社団法人経営者協会理事
関東学院大学/非常勤講師・災害救援ボランティア委員会/講師
最新の講演レビュー: 6
 

この講演者は 2006/03/04 にカタログに登録されました。

レビューを読む

この講演者を選んだ人は、こんな講演者も選んでいます
渡辺 実
渡辺 実
地域情報
その他の講演者
友達に知らせる
 
この講演者のURLを友達にメールする

講演.com は株式会社イー総研の登録商標です。本サイト上で記載されている写真、講演内容、キャッチフレーズ等は、それぞれの権利を管理する法人もしくは個人に帰属するものを、ご承諾いただいた上で掲載しておりますので無断転載はお止め下さい。
(株)イー総研関連サイト 専門家.com 見積り.jp 講師.com 自然薯.com スキルアカデミー